失敗しない!不動産売却のお役立ち情報@川口市・蕨市・戸田市編

不動産売却をする場合、やはり「少しでも高く、確実に売りたい」と考えますよね。
そこで20年以上、不動産売買の実績を上げ、信頼に値するプロの業者を紹介していきます。
確実に売ろう!みんなの不動産売却ナビin川口市・蕨市・戸田市

蕨市の土地売却相場

このページでは、蕨市の土地売却の相場や、売却における注意点について記載をしています。

土地売却をするときの注意点

土地を売りたいけどどうしたらいいかわからないということで迷っている方のために、土地を売却する際の注意点や流れをまとめてみました。

土地の売却時間

まず、土地を売ろうとしてもすぐに売れないということと、あまり高値で売れるとは思わないことが大切です。とても魅力のある土地でしたら話は別ですが、土地を売るまでには時間がかかってしまうかもしれません。それでも、売れないというわけではないので、あきらめてしまう必要はないと思われます。

土地の売却にかかるお金

また、売るといっても仲介手数料や税金などのお金がかかってきてしまうので注意が必要です。土地は家のようにクリーニングしなくても良くそのまま売るだけと思っていても、測量や境目の確認など他にすることが必要になってきます。

土地の売却でのトラブル

仲介手数料などを取られるのが嫌だからといって、個人同士で土地の売買をすると思いもよらないトラブルになってしまうこともあります。後々面倒なことになったりするのも大変なので、できるだけ信頼できる不動産会社を見つけることをおすすめします。また、すべてをお任せしてしまうのではなく自分自身も少し売買の知識があれば安心することができるでしょう。

蕨市の土地売却相場

埼玉県の蕨市の地価をエリアごとにして売却相場が高い順にまとめています。

西川口

  • 1㎡あたり:28万5041円
  • 1坪あたり平均:94万2286円

蕨駅

  • 1㎡あたり:25万7052円
  • 1坪あたり平均:84万9760円

北戸田

  • 1㎡あたり:21万3666円
  • 1坪あたり平均:70万6336円

蕨市の土地は平均1㎡あたり27万3909円、1坪あたり90マン5484円です。1733市町村の地価のランキングでは42位と上位にいます。蕨市の土地価格の相場は2016年と比べると増えています。数年の間はわずかに上昇しているようです。しかし、売買件数自体は減ってしまっています。駅からの距離は平均11分ほどですが、価格が上がっているエリアは駅から徒歩3分県内の場所にある土地です。駅からの距離が価格に大きく影響しているようです。

蕨市の不動産売却の相場・事例をチェック!

2017年時点での蕨市の土地相場は、1㎡当たり27万円から30万円が平均となっています。 価格相場と売買件数を比較してみると、前年に比べて価格はやや上昇傾向であることが分かるものの、売買件数に関しては大幅に減少しています。しかし1件の取引に関する価格自体は上昇しているため、蕨市の土地は需要が高いという事が推測できます。

他の市とくらべても高い値がついている蕨市の土地

蕨市の人口は約7万3千人ですが、全国に791ある市の中では最も面積が狭い市です。そのため、人口密度が最も高い市としても知られています。

面積に対して人口が著しく多い事から、ここ数年の蕨市では高層マンションの建設が盛んに行なわれています。それが土地相場にも大きく影響を及ぼし、県内にある他の市と比べても価格が断然高い値を示しているのです。

また、蕨市内から一番近い場所にある駅は蕨駅です。市内で利用できる駅はこの蕨駅のみとなっています。 蕨駅から近い範囲にある土地ほど取引価格も高くなり、10分以上距離が離れてしまう土地は5分圏内の土地と比べて価格も低下します。

しかし市内全体の特徴として、生活に支障が出ないよう駅以外の交通網も整えられています。駅から徒歩圏内にあると土地価格が上昇する傾向もありますが、市の循環バスや大きな道路の整備などが目立っているので、駅から多少離れたからと言って立地が極めて悪くなると言うこともありません。

価格が上昇している戸塚・中央

蕨市の中でも特に土地価格が上昇しているのは、戸塚や中央などの町になります。 戸塚や中央は駅からも近く、公共施設が多いと言うメリットがあります。住環境の面でも利便性が高いので、快適に生活しやすい地域であることも特徴のひとつと言えるでしょう。

蕨市中央の土地相場は、1㎡当たり24万円から34万円となっています。また、塚越については1㎡当たり28万円です。

これ以降、土地相場が高い順に、錦町が21.2万円、南町が20.7万円、北町が19.8万円であるため、塚越と中央の土地価格は取り分け高い事が見て取れます。

価格は高くなりがちだが需要も多い!

人口密度の高い市であるため土地の価格自体が高くなりがちな傾向にある蕨市ですが、需要が多い土地でもあるので、売却しても買い手がつかないと言うリスクは他の市に比べて低くなると期待できます。

また、蕨市ではコンパクトシティ蕨という都市計画を進めています。蕨市は現在でも土地相場の上昇が続いており、開発による市の発展を全体的に目指している地域でもあるため、急激な地価下落などの予測はし難いです。

最近の動向として、蕨市に住んでいる年代層は20代から30代が主となっています。学生や働く世代が多い事から、市のまちづくりに対する目標としても若い人にとっての利便性向上を掲げています。

ただし産業面ではあまり芳しくない状況があるのも事実です。製造業や販売業の活発さには欠け、土地の狭さにより大規模工場の誘致が難しいでしょう。

しかし経済面に多少の難点はあるものの、その一方で文化面に対する取り組みは盛んに行われています。神社での祭事や地域の農産物などを使って市の活性化をはかり、公民館などの公共施設なども多い事から文化活動に積極的な取り組みを見せています。

また、子供の教育を充実させることによって子育て世代にも住みやすい環境を作っているため、今後も人口の減少を招いてしまうような要素は極めて少ない市であることが分かります。

人口が減少すれば土地の価格や売却にも影響が出てきやすくなりますが、蕨市における現状を見れば著しい人口減少という危険性は薄いと考えられまるでしょう。

蕨市の土地売却事例

約208㎡の土地売却事例

  • 売却額:3,000万円台
  • エリア名:蕨市

約83㎡の土地売却事例

  • 売却額:1,900万円台
  • エリア名:蕨市錦町

約249㎡の土地売却事例

  • 売却額:2,700万円台
  • エリア名:蕨市中央

約203㎡の土地売却事例

  • 売却額:5,000万円台
  • エリア名:蕨市

約83㎡の土地売却事例

  • 売却額:1,900万円台
  • エリア名:蕨市錦町

約342㎡の土地売却事例

  • 売却額:5,100万円台
  • エリア名:蕨市錦町

約631㎡の土地売却事例

  • 売却額:13,100万円台
  • エリア名:蕨市錦町

>>蕨市の不動産売却事例を他にも見る

川口市周辺に強い不動産売却業者はコチラ!