失敗しない!不動産売却のお役立ち情報@川口市・蕨市・戸田市編

不動産売却をする場合、やはり「少しでも高く、確実に売りたい」と考えますよね。
そこで20年以上、不動産売買の実績を上げ、信頼に値するプロの業者を紹介していきます。
確実に売ろう!みんなの不動産売却ナビin川口市・蕨市・戸田市

ワケがあってこっそり売却したい

このページでは、FPや公認不動産コンサルティングマスターの存在をはじめとして、離婚などの事情がある場合に不動産売却業者を選ぶ時のポイントを紹介します。

不動産売却業者の見極め方|離婚編

離婚時の不動産売却の説明イメージ家族で住むための住居は、離婚の際に財産分与の対象となります。ただし、差し押さえされていないなら不動産売却できないというわけではありません。離婚調停が進行中の場合、弁護士としては売却しないことを提言するケースもありますが、所有名義人であれば売却は可能で、離婚が成立した暁に財産分与の対象となるというわけです。もっとも、勝手に資産を売却してしまうとトラブルになりかねないので、売却金額をどのように配分するのか、相手と合意をした上で、不動産売却の手続きを進めることです。

財産分与も関係する不動産売却の業者選びとは

離婚するとなれば状況によっては双方弁護士を立てることもあるでしょうし、離婚手続きはそちらに任せるとして、いずれにしろ離婚する場合、住んでいた家を売却することになるのが一般的。そうした財産分与も勘案する必要がある場合、不動産売却業者を選ぶ際にも検討すべきポイントがあります。

まず、売却する不動産の資産価値をきちんと査定することができて、離婚手続きに支障がないように売却手続きも丁寧に進めてくれること。このようなデリケートな事情がある場合、公認不動産コンサルティングマスターがいる業者がいいでしょう。この資格は、宅地建物取引士不動産鑑定士一級建築士5年以上の実務経験を持ち、技能試験に合格した人が認定されるもの。不動産コンサルタントとして専門知識や経験を持っている人材です。

加えて、将来の資金計画を見直す必要があるため、財産分与や場合によっては養育費なども勘案して、ファイナンシャルプランナー(FP)がいる業者なら安心です。充実したライフプランの提案をしてくれるのがFPなので、不動産売却でも売主の資産形成に有利となる提案をしてくれるでしょう。

不動産売却の流れ|離婚編

離婚調停中であることを前提として、不動産売却をする場合の主な流れは以下のようになります。

  1. 現状の物件のローン残高や売却相場情報などを調べる
  2. 不動産売却業者の検索サイトなどで無料査定を利用する
  3. 売却するしないの判断をする
  4. 売却しない場合は所有者やローン負担などを決める
  5. 売却する場合は財産分与の配分を決める
  6. 所有権やローン名義などの変更手続きをする
  7. 不動産売却が済んだら取り決めに従って分与する