失敗しない!不動産売却のお役立ち情報@川口市・蕨市・戸田市編

不動産売却をする場合、やはり「少しでも高く、確実に売りたい」と考えますよね。
そこで20年以上、不動産売買の実績を上げ、信頼に値するプロの業者を紹介していきます。
確実に売ろう!みんなの不動産売却ナビin川口市・蕨市・戸田市
川口市周辺不動産売却ナビ » 知って不安をなくす!ケース別不動産売却の流れ・業者の選び方

知って不安をなくす!ケース別不動産売却の流れ・業者の選び方

このカテゴリーでは、所有資格や企業としての強みの見極め方など、不安なく不動産売却業者を選ぶための理由などを説明します。

不安をなくすための理由別業者選びのポイントは?

家を売る

家にしろ土地にしろ不動産売却を検討する状況というのは、何かしら明確な理由が存在するもの。

これが物件購入であれば、希望条件に合う物件を取り扱っている不動産業者を探せばいいところ、不動産売却の場合はその理由によって必要な手続きや専門ノウハウなどが違ってくるため、業者選びでも特別な資格所有者がいるかどうかなどをきちんとチェックしなければなりません。

そこで、ここでは3つの理由付けをもとに、不安なく不動産売却を完了するためのポイントを説明しましょう。

もちろん、宅地建物取引士がいるのは当然で、どんな資格所有者がいるといいのか、そしてどんな売却に強みがあるのか、ご覧ください。

  • 住み替えが理由の場合
    売却するとともに新居購入をするため、売却と購入のどちらを先行させるか、ローン残債がある場合はどうすればいいのかなど、普通の不動産取引とは違う側面があります。この場合、公認不動産コンサルティングマスターという不動産コンサルティングのプロがいれば、段取りや手続きでも安心できるでしょう。
  • 離婚が理由の場合
    財産分与や名義をどうするか、不動産は大きな資産価値があるので場合によってはトラブルにもなりかねないポイント。そこで、公認不動産コンサルティングマスターに加えてファイナンシャルプランナー(FP)がいれば、ライフプランの提案と合わせて不動産売却をサポートしてくれるでしょう。
  • 相続が理由の場合
    相続人が複数いるケースでは遺産分割協議とも関係しますし、使わない不動産だからといって勝手に売却することはできません。このケースでは公認不動産コンサルティングマスターに加えて相続対策専門士がいれば安心です。相続対策専門士は不動産相続のスペシャリストで、必要な手続きなどにも精通しています。

理由別の不動産売却業者選びを詳細ページでチェック

詳細ページでは上で紹介した3つの理由について、より詳しい不動産売却の注意点や不動産売却業者選びのポイントなどを紹介しています。

住み替えをしたい

現在住んでいる家を売却し、新築住宅に住み替えるケースで、知っておくべき基礎知識をまとめています。

「家の住宅ローンが残っている場合でも不動産売却が可能であるのか」「新居購入と売却のどちらを先行させるべきか」「住み替えをする際にはどのような点に気を付けるべきなの?」など、よくある疑問についても解説。

また、住み替えはタイミングが重要です。住宅ローン控除適用期間が過ぎた時、マンションなら大規模修繕をする前など、具体的な例をご紹介します。住宅ローン控除や譲渡損失繰越控除など得する税金の知識についても知ることができますよ。

ワケがあってこっそり売却したい

離婚調停中に不動産を売却することはできるのでしょうか?実は差し押さえをされていない状況ならば、所有名義人として売却できるのです。

ここでは主に離婚調停中、または離婚したことによって、不動産売却を行うケースを詳しく解説しています。その際の注意点や起こりうるトラブルなどについても説明します。

また、具体的な手続きの流れと財産分与に関しても解説。離婚の場合の不動産売却は、財産分与に大きく関わってきます。

不動産名義について、住宅ローン残高がある場合の手続き方法、また不動産売却において財産分与にどのような影響があるのかといった点を整理してみましょう。

相続をしたい

親が住んでいた家を相続し、不動産売却するケースでは、相続に関する法的手続きが必要です。

まず相続人が複数いる場合は、遺産分割協議の上、名義変更や相続登記、不動産売却後には所有権移転登記をして利益の分配をします。

また相続することによって相続税が発生します。 ここでは不動産相続から売却までの流れと、相続対策を得意とする不動産業者の見極め方をご紹介しています。

不動産を相続した場合、居住するのでなければ早めの売却が必要です。建物の資産価値は年々低下し、また固定資産税ものしかかってくるため、専門の売却業者を活用するのが良いでしょう。

法的手続きや気になる税金情報と合わせて、どうすれば信頼できる不動産業者を見つける方法も知っておきましょう。

分譲マンションを売却したい

分譲マンションを売却する際、一体どのような法的手続きが必要になるのでしょうか。「売却した利益は所得になるの?」という疑問なども多くありますが、所得税や住民税にも関わってくる売却益は、特例措置によって減税できる場合もあります。

ここでは、分譲マンションを売却する際の抵当権抹消の手続き、売却にかかる税金、減税対策(特例措置)などについて説明します。10年以上所有しているマンションだと売却時の税金が安くなるかも? 気になる詳細はこちらをご覧ください。

また、依頼する不動産業者の選び方にも気を付けなければならないことがあります。マンション売却するにあたって、知っておきたい情報も詳しく解説しましょう。

赤字物件を売却したい

不動産投資は夢がありますが、中にはなかなか賃料が入らず赤字物件になってしまう場合も…。そんなときは専門業者に依頼して早々に売却してしまうことが重要です。

ではどんな業者に依頼すればよいのか、また税金面や手続き面など素人では難しい点をどのようにクリアしていけばよいのか。

こちらで詳しく解説いたします。不動産売却業者専門の検索・比較サイトなどを通じて査定依頼や相談を行うことで、後悔することのない物件売却ができますよ。